So-net無料ブログ作成

スポンサーリンク

タスクビューでアプリを切り替える方法 [Windows10 便利帳]

キャプチャ.JPG


Windows10で、画面にアプリをたくさん起動させて作業することが多い場合に使える、
アプリの便利な切り替え方法をご紹介します。


■タスクビューでアプリを切り替える

Windows10では、タスクバーのタスクビュー機能でアプリを切り替えることができます。

方法は次のとおりです。


1.アプリを複数起動します。

2.画面下のタスクバーの[ タスクビュー]ボタンをクリックします。

3.起動中のアプリが一覧表示されたら、切り替えたいアプリをクリックします。

4.アプリが切り替わります。


これで、タスクビュー機能でアプリを切り替える手順は完了となります。


上記のようにマウス操作でタスクビューを開くときは、タスクバーに追加された「タスクビュー」ボタンを使います。

また、「Windows」キーを押しながら「Tab」キーを押してもタスクビューが開きます。

このキー操作は、今までのウィンドウズからアプリ切り替えの定番でしたがタスクビューに統合されました。

 
タスクビューを開くと現在開いているウインドウが中央にサムネイル表示されます。

 
デスクトップ用アプリもストアアプリも同じです。

クリック・タップすると、そのウインドウが最前面になり、タスクビュー画面が消えます。

 
キー操作も可能です。
上下左右の矢印キーを押すとサムネイルを囲む白枠が移動しますので、
目的のアプリが白枠で囲まれたら「Enter」キーを押します。




スポンサーリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。