So-net無料ブログ作成
検索選択

スポンサーリンク

メールの送信が遅いときの対処法 [パソコントラブル便利帳]

キャプチャ.JPG



■ファイアーウォールの設定を変更してみる


<WindowsXPの場合>

WindowsXPは、標準機能でファイアウォール(パケットフィルタリング)が搭載されています。

ファイアウォールをオンにしておくと、インターネット側からこちらのマシンは見えないので、もし外部からアクセスしようとしても外部へは全く何も反応しないので、ポートスキャンなどで悪意を持ってこちらを探ってきたり攻撃が行われても安全なように対策されています。

しかし、環境によってはメールの送信に非常に時間がかかる場合があります。

そのようなときには、ファイアーウォールの設定を変更してみます。


1.「スタート」→「接続」→「すべての接続の表示」を選択。

  もしくは、「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」

  →「ネットワーク接続」を選択します。

2.ファイアウォールが有効になっているネットワークアイコンを右クリックし、

  ポップアップ・メニューから「プロパティ」をクリックします。

3.「 詳細設定 」 タブ を クリックします。

4.「 設定 」 ボタン を クリックします。

5.「 サービス 」 タブ を クリックします。

6.「 追加 」 ボタン を クリックします。

7.「 サービスの説明 」 テキストボックス に アルファベットで任意の名前 を 記入します。

8.「 ネットワークでこのサービス〜 」 テキストボックスに

  サーバーアドレス(例えば、191.168.0.1)を入力します。

9.「このサービスの外部ポート番号」テキストボックスに(113)と記入します。

10.「TCP」の▼ラジオボタンをONにします。

11.「このサービスの内部ポート番号」テキストボックスは
 
  空欄にするか(113)と記入します。

12.「OK」ボタンをクリック、設定を保存後、終了。



<WindowsVistaの場合>

1.VISTA左下にあるスタートメニューから、コントロールパネルをクリックします。

2.コントロールパネルにある

  「Windowsファイヤーウォールによるプログラムの許可」をクリックしてください。



<Windows7の場合>


1.[Windows ファイアウォール] を開くには、

  [スタート] ボタン 、[コントロール パネル] の順にクリックします。

2.検索ボックスに「ファイアウォール」と入力し、[Windows ファイアウォール] をクリックします。

3.左側のウィンドウで、

  [Windows ファイアウォールの有効化または無効化] をクリックします。

4.管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、

  パスワードを入力するか、確認情報を提供します。



スポンサーリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。